札幌の美味しいラーメン屋さんをご紹介!

ラーメンの麺は硬いのが理想?

通常ラーメンを注文すると、その店が定めた麺の硬さで出てきます。

しかし、こだわりがある人は硬麺で注文する人が多いのです。

それは、食する時間に関係があります。

特に熱いスープでは、丼に入った麺が伸びやすくなるからです。

できれば、麺の歯応えを味わいたいと思うのが、ラーメン通でしょう。

硬麺で注文すれば、最期に食する麺は程よい硬さになっているのです。

ストレート麺は口に入れやすいので、食べるスピードも速くなります。

そして、細麺になるほど熱に弱く、伸びてしまうので食するのは短時間が良いです。

縮れ麺は太麺が多く、柔らかい麺が好まれています。

縮れ麺はスープが良く絡むので、食感と同時にスープを味わうこともできるのです。

店によってはモチモチとした麺を作っているところもあり、柔らかくても十分満足させてくれます。

地域によっては、極細麺を使用しているお店もあります。

非常に食べやすいこともあり、一気に腹の中に入れてしまうことが多いです。

しかし、博多ラーメンには替え玉という嬉しいシステムがあります。

スープを残した状態で、麺だけ注文することが出来るのです。

スープを飲み干してしまうと、替え玉は注文できなくなるので注意しまっしょう。

好みにもよりますが、硬麺が好きな人が多く、バリ硬、ハリガネもあります。

ハリガネで注文すると、余り茹でていない麺がそのまま出てくるので、慣れていない人にはオススメできません。

替え玉を注文する時は、硬麺で注文するのが理想的です。

 

return top